2017年11月29日水曜日

コデンコを起こしてしまった。。

11月27日

グーグー寝ているコデンコ。
入れっぱなしにしている白菜とレタスが怪しい感じになってきたので、掃除をしようと思い、
そーっとケースを移動させて、蓋の開閉窓からそれらを取り出し、適度な湿り気のため、新しい白菜を入れようとした瞬間・・・


コツ・・・

聞き覚えのある音が。

コデンコが蓋から落ちてしまった!それもケースに直接・・・
正直、泣きたくなりました。。。。。


急いで白菜の上にコデンコを置き、その上にふたをするように白菜をかぶせ、もし起きたときに食事できるようにとカブのきれっぱしを入れておきました。

ほどなくして、コデンコのかわいい触覚が見えた。
ごめんね、、、、寝ていたのに、起こしてしまった。
しばらく動いたあと、
ぼーっとした様子で、ケースに入れておいたコンクリート片にぺったりくっついている。
最近のお気に入り、リンゴも入れておいたら、どうやら食べていたようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の日、急いでレタスを買ってきた。やはり葉物はレタスか小松菜が好みのようなので。
しかし現在、野菜がとても高い。ナスは3本で250円。小松菜も250円。
レタスは一個300円・・・
それでもレタスを買いました。
ケースに、中ほどの新鮮なレタスの葉を入れました。
おかげでその日は我々もレタスのサラダにありつけることになりました。

しばらくすると、レタスの内側に逆さにはりつくコデンコの姿。
こしのある丸いレタスはコデンコにとってアトラクションのようです。
29日には、レタスの内側に白いフンのようなものが見えました。
リンゴかカブを食べたのでしょう。

いまはこれ以上刺激しないよう、ちらちら様子を見ながら、そっとしておいています。

室温は17℃~20℃。
湿度は50%前後。


2017年11月21日火曜日

冬眠に入った?コデンコ

黒い触覚がチャームポイントのコデンコです。

2015年7月に奈良県産の小松菜にひょこっとくっついてやってきたコデンコ
2017年7月のブログ
我が家にやってきてから2年と4カ月・・・、ゆっくりゆっくり生きています。

10月の下旬にいったん眠りにつき、11月2日ごろに新しいレタスをいれたら興味深々で散歩したあと、また眠りについたコデンコ。

昨年は同じ状況でも冬眠には入らなかったように思ったけれど、
コデンコも歳を重ねてきたということでしょうか、今では蓋の裏にぴったり張り付き、
深い眠りについています。
邪魔しないように、コデンコに直接当たらぬよう、時々ケースの中を霧吹きしています。

春になったらまた目覚めて、かわいい姿をみせてくれることでしょう。






最近のコデンコはレタスや小松菜といった葉物よりも、ナスや人参を好んで食べていました。
甘いリンゴも好きな様子。体調管理になるべく毎日食べていたので、その都度きれっぱしをあげると、シャリシャリ食べておりました。



8月にはまるまるとしたメロンを大切な方からいただき、
熟れるのを待ちに待って頂きました。
コデンコも初メロンにたいそう喜んでいたような?!


ケースから頭をだして、おちゃめなコです。。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、先代のデンコは後半、よく蓋の裏で眠るようになりましたが、
接着が弱いのか、うまくゆかなくなってきていたのか、何日かするとぽろっと落ちてしまうことがありました。
何回かあったので、その都度、体力を消耗してしまったのかなとも思います。

コデンコは今のところ、がっちりくっついているようです。

2017年7月14日金曜日

コデンコ、2度目の暑い夏

猛暑が続いています💦
ネコも人間も暑さでぐったりまったりしてしまうのですが、
カタツムリはどうなのだろう。

夏になるとケースの中が涼しくなるように、ケースの上と側面に氷嚢(アイスパック)を置いている。ぬるくなったらお取り換え。

上部においた氷嚢の結露をデンコが飲んでいるのも見たことがあるので、水分補給にもなっているらしい。

まだ朝と夕方は涼しい風がふき気持ち良いので、風通りのよい窓側にケースを置き、風浴をさせている。


さて、カタツムリは夏眠をするといいますが、うちでは常に一定の温度に保たれているからか、夏場でも元気に活動しています。

お気に入りの人参にかぶりつき、(中央を掘るようにうまく食べていた)



昨日は久々にりんごをあげたら、真っ先に気づき、はむはむと食べていた。


コデンコも甘いものが食べたかったのかな?


2017年6月28日水曜日

コデンコは元気です。もうすぐ2才に・・・



初代カタツムリのデンコは、2016年のアジサイの美しい季節に旅立った。
最後にでんこをこの手で触って持ってみると、けっこうずっしりと重く感じた。
15グラム~20グラムはあったと思う。
出会った当時、まだその身体が薄く透けていて、光にあてると、心臓の鼓動がトクトク動いていたことを、今でも鮮明に覚えている。


・・・小さな命が消えてしまうと、どうしても自分を責めてしまう。
言葉にならない寂しさに打ちひしがれているうちに、どんどん時が経ってしまった。



うちにはもう一匹、カタツムリがいる。
2015年7月、奈良県産の小松菜にくっついてきたカタツムリ。
その頃、デンコがいたので、黒っぽいそのこにはコデンコと名付けた。

2015年2月撮影

今年7月で2年目をむかえるコデンコ。
とにかくナスが好きで、人参も好き。小松菜はというと、あまり食べなくなった。
最初は黒っぽかったからの色も徐々に薄いベージュ色に。
チャームポイントのシマリスの様な黒い筋と、それに続く黒目がちな目(?)はそのままだ。

いささか、増えてきたふちのしわが、生きてきた齢を感じさせる・・・


この梅雨の時期はよく動き回っている。
天井に張り付いている時はご機嫌がよさそうだ。卵のからで時々一休みしている。
そして何時間もかけてうんこをするコデンコ・・・
静かな夜中に時々、野菜を食べる歯音が聞こえる。

わが家にカタツムリが来てから、レタスは欠かせない食材となった。そしてナスや人参も。
野菜売り場に行けば、まずコデンコの姿が浮かぶ。
宅配から新鮮な野菜が届けば、まっさきにコデンコにおすそわけする。
カタツムリのおかげで、わが家は野菜をさらに多く食べるようになったのだ。


カタツムリと共に、ゆっくり大事に生きて行こう。

2016年6月8日水曜日

みずぶくれが消えていた。

2日前・・でんこのみずぶくれが消えていた。

中の水分がでてしまい、小さくなったのだろう。

しかし、でんこは動かない・・・

でんこがのっかっている白菜も傷んできたので、取り替えたいのだが、
ぴったりはりつき、動かせない。

ティッシュで、でんこの周りの古い水分を取り除こうと、
それがでんこに触れたとき、わずかだけど、微妙に動いた!

体がまだ殻に入らないので、
乾燥するといけないから、スプレーで少し水分をかけ、
新鮮なレタスで覆っておいた。


冷蔵庫で冷やした新鮮なレタスは、
保湿性もあり、ケースの中の温度上昇も防いでくれる。

保冷のためにフタの上に冷しっこを置くと、フタに結露ができて、
それをでんこたちがパクパク飲んだりし、水分補給にもなる。



今日、様子を見たら、また形が変わっていて、

だいぶ体が殻に入り込んでいた。


でんこは、生きている!

2016年6月4日土曜日

ただ見守るのみ。

でんこの左頬からでたみずぶくれは、白っぽい色に変色している。

でんこは微動だにうごかない・・・


しかし、白菜にはしっかりとくっついている。


個体が亡くなる場合、粘着もなくなると聞いたことがあるので、
まだ、大丈夫、がんばっているのだろうか・・と思う。


が、本当に元気が無い。


でてしまっている体の乾燥が心配なので、
毎日新鮮なレタスでふわっとくるんでいる。



今日の夜は、一段と小さくなっており、覚悟の気持ちもひしめきあったが、
スプレーで水を少量かけてみたところ、
微かに動いたのだった。


ただただ、見守るしかない・・・

脅威の回復をみせてくれないだろうか。





・・お空のあずき、

もしそちらで、でんこを見かけたら、

まだこっちにきてはいけないよと、声をかけてくれないだろうか。

2016年6月2日木曜日

でんこが心配。。

でんこの顔の左にあるみずぶくれ発見から2日・・

みずぶくれは引っ込む様子もなく、
でんこは殻に入ることもできず、不安げに短く出した目を、弱々しくゆらしております・・

2日前はあんなに元気だったのに。



乾燥するといけないので、白菜とレタスの間に包むように、
ヨッコイショと移動しました。



目を閉じて、微動だに動かないのが心配で、殻をちょんと少し触ってみたら、
小さく目を出しました。

でんこもまだまだ生きたいのだと思う。

こういう時、相談できる相手がいないというのはしんどい・・
ネットで検索し、出てくる情報がたよりというのもある。
カクレガニのピノのお世話の時もそうだった・・


そっとしておき、なるべく環境を良くして、回復を待とうと思います。

好物の人参を用意するのと、できれば近々届く野菜に、
でんこの生まれ故郷の、長崎産レタスが入っていればなぁ・・